ぼくは理由を説明します

0798a540ab57f7c6c8e8828cfb3efd22_s.jpg

 
ぼくが、
いつ、
いなくなってもいいように。
 
先生がいなくても、いいように。
 
生徒が、
生徒の力で、
 
生徒自身の演奏と、
音楽を、
奏でられる。
 
そんな、演奏者になれるように。
 
 
ぼくは、
生徒と向き合うとき、
 
いつも、
 
そのことを考えて、
言葉を選びます。
 
 
時々ね、
 
 意地悪って思われないかな…
 
って、
心配になるときもあるけど。
 
でも、
 
ここで、
ぼくが甘えちゃったら、
彼らが、
本当の力を得られなくなっちゃうから。
 
だから、
 
あえて、
答えは言わない。
 
  
答えを教えるのは、
簡単。
 
でも、
そうしないのには、
理由があるんだよ。
 
 
Q.その言葉の先には、どんな意図がありますか?
 
 
 
 
 
関連記事
  
  
  
【PR】
  
    はじめてのピアノ教室・音大受験・コンクール受験、音楽と笑顔をあなたのそばに。
    楽しくも実のあるレッスンなら、ピアニストが先生の、音楽教室PIANO@YOKOSUKAで!
 
    しつもんを使った新しい指導法や音楽指導者養成プログラムが、ここにあります。
    「あなたらしい演奏」「あなたらしいレッスン」を、一緒に見つけていきましょう!
     → こころと気づきのピアノ教育専門家オフィシャルサイト
 
FaceBook 
カテゴリー: 2016 | コメント: 0

 

この記事へのコメント

コメントの投稿

非公開コメント

はじめまして!馬場一峰です♪

S-7F9A8021_800×1200

詳しいプロフィールは、こちらのページに掲載されています。

検索フォーム
メディア掲載情報
Twitter...babacchi_now
クラシック演奏会
色んな演奏がランダムで表示されます。
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

  

これからも、

みんなで素敵な音楽を!